ドイツ式リフレクソロジーとは

ドイツ式リフレクソロジーは英国式やタイ古式などのリフレクソロジーとは異なるところがあります.

どこが違うのか.


ドイツと聞くと何をイメージしますか?

医学のイメージありませんか?


ガーゼ、レントゲン、カルテ・・・みんなドイツ語由来の言葉です.


そして靴のイメージありません?


そうなんです.


ドイツは医学でトップクラスであり、「足」をものすごく大事にしているんです.

そこで生まれたドイツ式リフレクソロジー.


リフレクソロジーは癒やしの要素が強いのですが、

ドイツ式リフレクソロジーは医学的な要素も含まれています.


足の圧を測定し、そこから見えるカラダの状態をもとに施術をしていきます.

どの部分に負担がかかっているのか、そしてどの部分に力が入っていないのか.

足の状態はどうか、歩き方はどうか.


次の図が反射区の位置です.

*東洋医学、リフレクソロジーの種類により反射区は微妙に異なります.

施術だけでなく、

しっかりと歩いてもらう、体重をかけてもらうことで足裏にある脳や臓器の反射区を刺激でき、カラダやココロの不調の改善を促せるため、そのアドバイスもしていきます.

自己免疫力を高める手助けをするといっても過言ではありません.


ただし、診断や治療は致しません.医師ではありませんので.


もちろん、癒やしの要素も十分にあります.

アロマオイルを使ってトリートメントも行いますので、

施術中に無言になってしまわれる方、多いです.


足裏×不調のリセット×癒やし=ドイツ式リフレクソロジー


足裏から健康に.

ココロもカラダも内臓もキレイに.


当サロンは足裏からみなさんの健康をサポートいたします.